ここ10年で、フロアコーティング技術は、大きく変化し、現在でも進化し続けています。

10年前のフロアコーティングは、アクリル樹脂やアクリル・ウレタン樹脂が成分の樹脂ワックスのことを指し、ビルや店舗で使用される清掃用品でした。

基本的に清掃用のワックスですから、短期間での塗り重ねと剥離作業が必要とされることを前提として作られており、水以外の液体に対しての耐久性もありませんでした。

その後、剥離作業が行なえないフローングが増加していったことから、樹脂ワックスから剥離作業を必要としない塗料でのフロアコーティングへと変化していきました。

ワックスと比べて、塗料は長期間の性能の安定性と強い保護力があるのが利点ですが、フローリングの種類や業者の技術によっては、密着不良や仕上がりにムラがでたり、コーティング全体がフローリングから浮いてしまうなどという施工不良も発生しました。

5年前あたりから、メンテナンスの剥離作業が不必要である紫外線硬化樹脂塗装によるフロアコーティングへと移行し始めました。

これは、アルコール系のウレタン樹脂塗料がベースとなっており、吹き付け以外の方法で綺麗に塗ることができ、一般住宅のフローリングに最適なフロアコーティングで、現在でも使用されています。

ただ、初期のころは、フローリングの種類によっては密着が悪く、施工できない場合もありました。

現在では、フローリング材に合わせて液剤配合が出来るようになったこと、そして塗布機材のレベルが向上したことから、ほぼ全てのフローリング材に均一な焼付けができるようになり、コーティングの耐久力も長くなりました。

参考サイト⇒フロアコーティングお役立ちガイド